バンダイナムコエンターテインメントによるスマートフォン用ゲーム「レイヤードストーリーズ ゼロ」がリリース

バンダイナムコエンターテインメントによるスマートフォン用ゲーム「レイヤードストーリーズ ゼロ」がリリースされた。アプリ内で配信されるアニメを「GODZILLA 怪獣惑星」「BLAME!」などを手がけてきたポリゴン・ピクチュアズが制作しており、ゲームファン以外からも大きな注目を受けている。
コミックナタリーではアプリのリリースを記念し、総合プロデューサーを務める手塚晃司氏にインタビューを実施。2037年の渋谷という舞台設定が生まれた経緯や、近未来のテクノロジーを描く上でどのような演出を心がけたかなど、世界観を掘り下げながら「レイヤードストーリーズ ゼロ」の魅力を語ってもらった。

アニメとゲームの世界が重なり合う「レイヤードストーリーズ ゼロ」
「レイヤードストーリーズ ゼロ」は、2037年の渋谷を舞台にした作品。アプリ内でゲームとアニメを展開し、同じ場所で生きる別々の人物の視点から物語を楽しむことができる。
アニメでは、17歳の男子高校生・ユウトを主人公にした物語を展開。テクノロジーが発展し「イメージできることは全て実現可能とされるほど自由」になったが、逆に「万人が万人の監視下に置かれる窮屈」な時代となってしまった世界に抗う少年少女の姿を描く。

ゲームではプレイヤー自身が主人公となり、ACT(アクト)と呼ばれるパーソナルアシスタントAIを使った競技「オルタナステージ」の頂点を目指す物語を体験。現実の風景とシームレスなCGが重なる拡張空間を飛び回れる、2037年の渋谷上空をフィールドにした爽快感溢れる360度バトルが楽しめる。

空想の話ではなくて、僕らの知っている世界の未来を描きたい

──マンガまで用意して練り上げられた“2037年の渋谷”という舞台ですが、ちょうど現在の20年後という設定にはどういった意図が。

現実と地続きの世界を描こうとしていたんですね。空想の話ではなくて、僕らの知っている世界の未来を描きたいと。意外と20年後って想像できるんですよ。今の渋谷と同じところもあるし、変わるところも当然出てくる。

──たしかにアニメ第1話を観たかぎり、街並みは現在の渋谷から大きく変わってはいませんね。

あえてそうした部分もありますね。「レイヤードストーリーズ ゼロ」は10代、20代の人たちに遊んでもらいたくて、彼らにとって象徴的な場所はどこだろうって考えたときに、やはり渋谷かなと。なのでスクランブル交差点やスペイン坂など、一部の場所は現代のままの姿で描きました。作中に登場するLayereD技術も全国各地に広がっているわけではなく、2037年時点ではまだ若者の間で流行っているという感じです。そういった最先端のものを活かせる場というのも、この街を選んだ理由ですね。

ユーザー自身が物語を作るから「レイヤードストーリーズ “ゼロ”」

──アニメ、ゲームと媒体の垣根を越えて展開される「レイヤードストーリーズ ゼロ」ですが、今後の展開は。

まずは小学館さんのアプリ「マンガワン」で、コミカライズがスタートしました(参照:撹張現実犯罪に刑事とAIのバディが立ち向かう近未来SF「LayereD Eve」開始)。ここではアニメ、ゲームよりも少し前の時代、LayereD技術がそこまで確立していない時代が描かれます。

──ゲーム、アニメに続いてマンガと。複数の媒体で、作品を展開する狙いというのは?

僕らが作っているのはマンガだけでもゲームだけでも、もちろんアニメだけでもなく「レイヤードストーリーズ」という世界なんです。この企画では、ユーザーも含めてみんなで一緒に作品を形作っていこうと思っていて。そのために設定を広く公開したり、キャラクターモデルを配布したりします。

──事前にうかがったお話では、キャラクターを使った2次創作も許可されるとか。

この企画は、最低10年間やろうと思っているんです。でも10年間、我々が一方的にユーザーに「これいいでしょ!?」と言っていったら、作品は育たない。なので一緒に作品を育ててくれるユーザーを探しているんです。

──ユーザーが2次創作で考えた設定が、公式に逆輸入される可能性は。

あると思います。だから「レイヤードストーリーズ “ゼロ”」なんです。ここを始まりとして、物語の「1」だったり「2」だったりは、みんなに考えてほしい。キャラクターデザイン、キャスト、主題歌などを公募にしたのも、みんなで一緒に作品を作っていくというコンセプトがあってのことです。

──実写化とは違いますが、現実に20年後の世界はやって来るわけで。最低10年と言わず「レイヤードストーリーズ ゼロ」とともに、2037年を迎えてみたい気もしますね。

2017年生まれのキャラクターもいたりして「こいつもう生まれてるっ(笑)」って驚いたんですよ。20年後っていう、現実とのレイヤード感を味わえる絶妙なラインも楽しんでいただければ。ユウト生誕祭みたいなのもやりたいですね。彼の生まれる2020年6月3日をお楽しみに!