女子高生が電車内でガチバトル! その手法は…空気イス!? 彼女たちの争いの発端とは… 西鉄が車内マナー啓発動画「空気イス女子高生」公開

福岡県を中心に電車、バス等を運営する西日本鉄道株式会社(所在地:福岡県福岡市、代表取締役社長執行役員:倉富 純男)は、車内マナー向上の啓発動画「空気イス女子高生」を、西日本鉄道公式YouTubeチャンネルにて2016年12月7日より公開いたしました。

czMjYXJ0aWNsZSM1MDIzMyMxNzQ4MjIjNTAyMzNfV1ZDeHdrb3ZlRi5wbmc





2015年に西鉄が行った調査では、電車内マナーで気になることは「座席の座り方」が1位でした。そんな座席マナーについて見直すきっかけを作るために、今回の「空気イス女子高生」は制作されました。マナー啓発というと堅くなりがちですが、まずは気軽に楽しんで見ていただけるような映像にしています。

特に、若い方に一緒に考えて欲しいという思いから、メインキャストの女子高生二人はもちろん、BGMを担当するヒューマンビートボクサーにも現役高校生を起用しました。

czMjYXJ0aWNsZSM1MDIzMyMxNzQ4MjIjNTAyMzNfYlNMT2laQ1hqQi5wbmc

動画の主役は二人の女子高生。電車内で一つだけ空いた座席をめぐり牽制し合っているうちに、あとから来た女性に席を取られてしまいます。目から火花を散らして向き合う二人。空気イスバトルのスタートです。苦しい体勢をしつつ伸びをしたり、キレのよいダンスを披露したり。他の乗客が眉をひそめるのも構わず、二人の対決はどんどんヒートアップ。ついには関係のない男性まで巻き込んでの大バトルとなってしまいます。しかし、車内に“空席”がなかったわけではないようで…。はたして二人は無事に座ることができるのか、そして車内に平和と笑顔は訪れるのでしょうか?

「揺れる電車内で空気イスをし、その上で演技もする」という、高い技術が求められる女子高生役はオーディションにより選ばれました。安達 葵紬(あだち あおぎ)さん、内野 七星(うちの ななせ)さん、両名ともモデルなどとして活動する現役高校生です。

また、10代、20代の若者たちの中で、ラップやヒューマンビートボックスが人気であることに着目。福岡在住の現役男子高校生ヒューマンビートボクサー、ともちーさんを起用し、オリジナルのBGMや効果音を作成しました。メインキャスト・BGMともに現役高校生のタッグで、若年層に楽しんでいただけるよう、コミカルでポップな動画に仕上げています。女子高生二人の熱いバトルはもちろん、BGMの技巧を凝らしたビートや、映像と音のコンビネーションにも注目です。

撮影は10月6日、特別ダイヤを編成し、西鉄天神大牟田線を走行する電車を貸し切って行いました。なんとか確保された撮影時間は合計4時間だけ。時間をオーバーすると通常運行の列車に影響が出てしまうため、張りつめた空気の中撮影が進められました。揺れる電車の中での空気イスや、ダンスという体力勝負の撮影でしたが、女子高生役のお二人は高い集中力で演技・パフォーマンスを披露。撮影後に脚がプルプルと震えてしまったというほど、過酷なロケでした。