お笑いで薬局機能を面白く分かりやすく紹介する“薬局あるある漫才” シリーズ第五弾「薬局の素朴なギモン」を1月6日から放映開始 「クイズ形式」で薬局に寄せられた4つの疑問に解答

株式会社アイセイ薬局(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤井江美)は、1月6日からアイセイ薬局グループ全店舗で、お笑い芸人「三拍子」を起用した「薬局あるある漫才」の動画シリーズ第五弾「薬局の素朴なギモン」の放映を開始します。「薬局あるある漫才」は、アイセイ薬局が健康管理の拠点として地域医療に貢献していくために、オリジナル漫才を通じて薬局の機能やサービスを面白くかつ分かりやすく皆さまに紹介し、より理解を深めていただくためのシリーズ企画です。

シリーズ第五弾「薬局の素朴なギモン」は、意外と知られていない薬局に関する4つの事柄を説明している漫才です。「待ち時間があるのはなぜ?」「お薬がないことがあるのはなぜ?」「薬局でも症状を聞かれるのはなぜ?」「処方せんには有効期限があるの?」これらの薬局に寄せられた疑問に対して、今回は「クイズ形式」を取り入れたオリジナル漫才で分かりやすく解説しています。

起用した芸人は、「芸人1,000人が選んだ『売れてないけど本当は面白い芸人』」(「フジテレビENGEIグランドスラム」調べ)で見事第1位に輝いた「三拍子」。彼らの独自のセンスを活かして、情報を「面白く」かつ「分かりやすく」提供します。アイセイ薬局は、今後も薬局のさまざまな機能について、この「薬局あるある漫才」シリーズを通じて皆さまに、分かりやすくご紹介していく予定です。