中国ファーウェイ、7万円ポータブルPCで殴り込み 日本市場はレッドオーシャンに

中国ファーウェイ、7万円ポータブルPCで殴り込み 日本市場はレッドオーシャンに

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が日本のパソコン市場に殴り込みをかける。人気の「2in1」タイプのノート型パソコン「HUAWEI MateBook」(メイトブック)を引っさげ、競合他社とのシェア取り合戦に挑む。

2012年に参入したスマートフォン事業では、世界第3位のシェアを誇る同社。日本国内でも、SIMフリースマホ市場で存在感を高めてきているが、今回のパソコン市場への殴り込みは、日本のタブレット/ポータブルPC市場の競争をさらに激化させることは間違いない。

news_20160704194357-thumb-645xauto-89586


重さ約640グラムの超軽量

メイトブックは、いわゆる「2in1」と呼ばれるデバイスだ。大型タブレット端末としてだけでなく、別売りのキーボードを装着することでノート型パソコンとしても使用することができる。

OSにはWindows 10を採用。通信機能はWi-Fiのみとなっている。2016年7月15日、日本国内の家電量販店やECサイトで販売を開始する。7月4日に記者会見で発表した。

セールスポイントは、スマホメーカーとしてのノウハウを生かしたというスタイリッシュで軽量なボディだ。12インチの大画面でありながら、厚さ6.9mm、重さ約640グラムと持ち運びやすい大きさにした。

同じ2in1デバイスとされるアップルのiPad Pro(12.9インチ)は713グラム、マイクロソフトのSurface Pro 4(12.3インチ)は766グラムであり、他社製品と比べてもコンパクトな印象になる。

バッテリー動作時間は約9時間。110グラムの小型充電器を使えば約2.5時間でフル充電を可能だという。

ロック解除のわずらわしさも軽減した。画面脇には高感度指紋センサーが付いていて、ワンタッチで画面のロック解除ができる。認識速度は約1秒――同社曰く「業界最速」という。

別売りでスタイラスペン「HUAWEI MatePen」も用意している。2048段階の筆圧を感知させることで、手描きの感覚が味わえるようにした。またビジネス用途として、レーザーポインターとして使ったり、側面のボタンでスライドのページ移動を行ったりできる。

「スマホのノウハウで日本に新しい風を吹き込みたい」

一般向けモデルの市場想定価格は6万9800円(税抜き)から。価格だけで見ればiPad Proより約2万5000円、Surface Pro 4より約6万5000円安いということになる。キーボードは別売りで1万4800円。MatePenは7800円で販売する(いずれも税抜き)。

タブレット所有率は「頭打ち」と言われ、飽和状態に近づいている。競争は激しくなる一方だ。その中で「2in1」は人気の高まっているカテゴリーだが、すでに各社が注力しており、シェアを広げるのは決してラクではない。

ファーウェイ・ジャパンが行った7月4日の発表会で、端末統括本部プロダクトソリューション統括部のコリン・コン本部長は「ポータブルPCはレッドオーシャンの時代に入っている」とした上で、

「ライフスタイルの変化によって、ビジネスパーソンがポータブルPCに求めるものも変化している。スマートフォンメーカーとしてのノウハウを生かし、ビジネスとエンターテインメントを融合させたデバイスで、日本のパソコン市場に新しい風を吹き込みたい」

などと意気込んだ。

同イベントには女優の菊川怜さん(38)も登場。実際に製品を使用したといい、「薄くて軽いことに、とても驚きました。タイピングの感覚も心地いいです」と紹介していた。

http://www.j-cast.com/2016/07/04271549.html?p=all

動画ニュースカテゴリの最新記事