~ハートフルなドラマを綴る「ニクイねぇ!シアター」第1弾 ~ キッチンに立つことで母の愛情に気づく14歳の主人公 世界の名曲「アニー・ローリー」にのせ描く成長ストーリー 動画「Mother」を公開

~ハートフルなドラマを綴る「ニクイねぇ!シアター」第1弾 ~ キッチンに立つことで母の愛情に気づく14歳の主人公 世界の名曲「アニー・ローリー」にのせ描く成長ストーリー 動画「Mother」を公開

家電をテーマに暮らしの中で生まれる様々なドラマを制作・公開する「ニクイねぇ!シアター」は、2016年10月12日(水)から、第1弾となる動画「Mother」を youtube にて公開いたします。
母の代わりとなって家族の毎日の食事を作ることとなる14歳の少女。彼女が初めての料理に戸惑いながら次第に、これまで気づいていなかった母の想いを知り成長していく物語を描きます。テーマソングは、世界的に有名な愛慕賛歌の名曲「アニー・ローリー」。抒情的な旋律とテーマソングその歌声がネットでも話題となったアメリカ在住のシンガーソングライター、Arielle Paulが手がけます。
「ニクイねぇ!シアター」は、今後も日常を舞台にした、生活者の皆さまに共感いただけるハートフルな動画をシリーズで制作し公開してまいります。

_prw_PI1fl_0dh5WmpA



「今日から私がママだから・・・」 14歳の中学生・茜が冷蔵庫に語りかけるシーンから物語は始まります。
母が不在となったとある家族、そこで母親役をこなすこととなった茜の成長と、母親との心の絆が本作では描かれていきます。母が記したレシピノートをめくり、馴れない料理に悪戦苦闘する主人公。小学生の弟・翔太は彼女に遠慮なく文句を言って食べ残していきます。その様子を目にした瞬間、自分も同じような態度で母親へ接してきた記憶が脳裏に浮かびます。エプロン姿で初めて冷蔵庫の前に立ったひとりの少女。扉を開けると、メモと共に母が茜へ託した食材たちが。離れた母と自分をつなぐ絆、母の目に見えない想いが彼女の背中をそっと押してくれます。
ひとりの少女が母の想いを知り、ひとつ成長するハートウォーミングストリー。ラストで不在となっていた母の理由も明らかに。母と娘、ふたりの女性が新しい想いを共有するハッピーなエンディングが待っています。

■出演者プロフィール
主演 : 上白石萌音(かみしらいし もね)
生年月日 : 1998年1月27日  出身地   : 鹿児島県

主人公である一家の娘役に、注目の若手女優・上白石萌音さんを起用しました。
上白石さんは、本年公開され爆発的なヒットを記録している劇場版アニメ『君の名は』においてヒロイン役の声を演じ、今最も注目される若手女優の一人です。2015年には第38回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞するなど演技への評価が高く、映画や舞台で活躍を続けています。また10月には歌手デビューも予定されており、今後ますます幅広い活躍が期待されています。

■テーマソング 「アニー・ローリー」
「ニクイねぇ!シアター」のテーマソングはスコットランド民謡の「アニー・ローリー」です。
誰もが一度は耳にしことのあるおだやかで心が温まるような旋律、世界的にも有名な楽曲です。実在した女性「アニー・ローリー」、彼女のことを慕い続ける変わらぬ想いや真心が歌われています。家電を通じ、生活者の暮らしを見つめる姿を伝える「ニクイねぇ!シアター」。この曲をテーマソングとして起用しました。

(ショートバージョン:4分1秒)

(ロングバージョン:6分53秒)

動画ニュースカテゴリの最新記事