横浜・元町の老舗パン屋がモデルのショートフィルム『一粒の麦』シャーロット・ケイト・フォックス、柄本明らが出演決定~本日より予告編を公開~

横浜・元町の老舗パン屋がモデルのショートフィルム『一粒の麦』シャーロット・ケイト・フォックス、柄本明らが出演決定~本日より予告編を公開~

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)と環境未来都市にふさわしいまちづくりを進める横浜市が製作したショートフィルム『一粒の麦』のキャストが決定し、予告編を公開したことをお知らせいたします。

『一粒の麦』は、横浜・元町の老舗パン屋「ウチキパン」をモデルとした「ホンダパン」の4代目店主が、創業当時の味を取り戻そうと奔走する物語。フランスでパン職人をしており、腕は確かだが自分の居場所を見つけられず悩んでいる絵里子役にシャーロット・ケイト・フォックスさん、ホンダパンの店主を柄本明さんが演じます。メガホンをとるのはショートフィルム『胡同の一日』で、SSFF & ASIA 2008で日本人として映画祭史上初のグランプリを受賞した鈴木勉監督です。

czMjYXJ0aWNsZSMyODI4OSMxNzY0MjkjMjgyODlfTGxSZExiRkhFVy5qcGc





完成した作品は、2月10日(金)よりWEBにて全編公開を予定しているほか、横浜市のショートフィルム専門映画館ブリリア ショートショート シアターでも2月16日からのプログラム、6月のSSFF & ASIA 2017内にて上映されます。

【タイトル】 『一粒の麦』

【監督】 鈴木 勉

【出演】 シャーロット・ケイト・フォックス / 樋井明日香 / 鈴木夢奈 / シリル・コピーニ(声の出演)/ 柄本明

【作品時間】 17分59秒

【公開先】 『一粒の麦』公式サイト http://www.shortshorts.org/yokohamamirai/

【公開表記】

2017年2月10日(金)より WEBにて全編配信スタート

2017年2月16日(木)より ブリリア ショートショート シアター「アジアプログラム」にて上映

2017年6月  SSFF & ASIA 2017

横浜の歴史あるパン屋に、突然やって来たフランスのパン職人、絵里子。「このパン、泣いてる」と店主の本多に詰め寄る。年老いて頑固な本多と自由奔放な絵里子は相容れない。反発しながらも、パン作りを通して少しずつお互いを認め合うふたり。そして「日本で最初のパンのレシピ」を探すという、絵里子が横浜を訪れた真の目的は、ふたりの人生を思わぬ方向へと導いていく。時間と国境を越えた、横浜ならではの物語がここに。

czMjYXJ0aWNsZSMyODI4OSMxNzY0MjkjMjgyODlfVm12YXFTTElxZS5qcGc

■出演者・監督プロフィール ※敬称略

シャーロット・ケイト・フォックス

カレッジ・オブ・サンタフェで演劇ダンス専攻の学士を取得、ノーザンイリノイ大学演劇専攻にて修士課程を修了。NHK連続テレビ小説「マッサン」で史上初の外国人ヒロインに抜擢、一躍注目を浴びる。その後ブロードウェイミュージカル「シカゴ」で主役のロキシーを演じ高評価を得る。その他、近年は映画『高台家の人々』、NHK「べっぴんさん」、WOWOW「沈まぬ太陽」、EX「名探偵キャサリン」などに出演。5月に舞台『俺節』に出演予定。

役:鈴木・ロラン・絵里子

フランスの「ブランジェリー・スズキ」5代目のパン職人。腕は確かだが、

自分の居場所を見つけられず悩んでいる。突然ホンダパンに現れる。

柄本明

1948年東京都出身。1976年劇団東京乾電池を結成、座長を務める。今年は創立40周年の舞台「ただの自転車屋」で全国を廻る。映画では、1988年「カンゾー先生」にて第22回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。最近では「岸辺の旅」(15)「モヒカン故郷に帰る」(16)「シン・ゴジラ」(16)「疾風ロンド」(16)などに出演。17年には「サバイバルファミリー」「武曲MUKOKU」「猫忍」などが公開される。2011年紫綬褒章を受章。

役:本多三十郎

日本初のベーカリー「ホンダパン」の4代目。生粋のパン職人。

自分の代で店じまいをする準備を進めている。

樋井明日香

1991年、大阪府出身。2002年にドラマ『ピュア・ラブ』でデビュー。歌手活動を経て、2010年より女優に専念し現在に至る。主な出演作に、ドラマ『なぞの転校生』『予告犯─THE PAIN─』、映画『リュウグウノツカイ』『さよなら歌舞伎町』『XXX 背徳の虚無』『SHARING』『後妻業の女』、舞台『娼年』ほか。

役:小谷梨沙

大学の研究室で研究員として働く。専攻は食文化史。シングルマザー。

絵里子とはフランス留学時代に知り合う。

鈴木夢奈

神奈川県出身。ダンス・歌・絵を描くことが好き。3歳からモデルを始め、雑誌のレギュラーやCM・スチール広告などで活躍するほか、ドラマではディアスポリス「異邦警察」ソーミョー役や日曜劇場「99.9刑事専門弁護士」果歩(山下リオさん)の幼少役として出演をしている。

役:小谷真菜

梨沙のひとり娘。

シリル・コピーニ

1991年、「フランス国立東洋言語文化研究所」

(I.N.A.L.C.O.)で日本語・日本文化を勉強。1997年6月、「二葉亭四迷の言文一致運動」をテーマにした論文で同研究所を卒業。同年9月、九州日仏学館(福岡)でフランス語講師&文化担当として勤務。翌年から現地のラジオ局レギュラー番組を持ち、クラブでDJ活動を開始。2001年、東京に移動し東京日仏学院で広報担当&音楽担当として勤務。近年では、フランス人の落語パフォーマーとして、国内外で幅広く活動している。

役:フランス人のパン職人(声の出演)

監督:鈴木勉

東京都出身。映像ディレクター。ミュージックビデオ、CM、webムービーなど、ジャンルを問わず様々な映像を手掛ける。2008年、ショートフィルム『胡同の一日』が、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」で、日本人として映画祭史上初のグランプリを受賞。その後も年に1本のペースでショートフィルムを監督し、仏「クレルモン=フェラン国際短編映画祭」を始め、30を超える国際映画祭に招待・上映されている。2013年にはタンザニアにおける交通安全啓蒙を目的とした「アフリカANZENプロジェクト」に参加。プロジェクト普及のために制作したミュージックビデオは、タンザニアの交通事故を前年比20%削減する原動力となったほか、ネバダ国際映画祭でプラチナアワードを受賞した。現在、2度目のオリンピックを前に変わろうとする銀座の街と人を描いたドキュメンタリー長編映画の製作準備中(2017年公開予定)。

エグゼクティブプロデューサー:別所哲也

慶應義塾大学法学部卒。90年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。米国映画俳優組合(SAG)メンバーとなり、映画・ドラマ・舞台・ラジオ等で幅広く活躍中。99年より、日本発の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を主宰。04年米国アカデミー賞公認映画祭に認定。文化庁文化発信部門長官表彰受賞。内閣府・世界で活躍し『日本』を発信する日本人の一人に選出。第1回岩谷時子賞奨励賞受賞。第63回横浜文化賞受賞。第45回ベストドレッサー賞インターナショナル部門受賞。

■ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA)とは

俳優の別所哲也が代表をつとめる米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭。1999年に東京・原宿で誕生し、2017年6月で19回目の開催を迎えます。映画祭としてはこれまでに延べ34万人を動員。オフィシャルコンペティションをはじめ、「音楽」「環境」「CGアニメーション」など、様々なカテゴリーのプログラムで構成されており、グランプリ作品は、次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考対象になります。

http://shortshorts.org/

■環境未来都市とは

環境問題や超高齢化への対応などの様々な社会的課題に総合的に取り組んで活力ある都市をつくる、国家的なプロジェクトのひとつです。横浜市は、平成23年12月、国から「環境未来都市」に選定されています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/ondan/futurecity/

■共同でのショートフィルム制作に至った経緯

ショートショート実行委員会の代表である別所哲也は、2008年に日本初のショートフィルム専門映画館ブリリア ショートショート シアターを横浜市に開設し、映画祭の開催やクリエイターの育成などに力を注いできました。また、2013年からは、映画祭内に横浜の名を冠した「FutureCity Yokohama Award」を設立するなど、横浜市と連携した取組を進めながら、新たな取組を協議してきた結果、このたびの制作決定となりました。

動画ニュースカテゴリの最新記事