ダラダラ汗の原因は「ストレスやプレッシャー」の可能性も! 汗を漏らさないことに特化した汗ジミさよならインナー『大汗さん®』シリーズで汗の不安解消!「汗が他の人より大量」と感じている“大汗さん”は約4割 汗のストレスでは「汗ジミ」が約7割にも

ダラダラ汗の原因は「ストレスやプレッシャー」の可能性も!  汗を漏らさないことに特化した汗ジミさよならインナー『大汗さん®』シリーズで汗の不安解消!「汗が他の人より大量」と感じている“大汗さん”は約4割 汗のストレスでは「汗ジミ」が約7割にも

株式会社千趣会(本社: 大阪市 代表取締役社長:星野裕幸 以下千趣会) の通信販売事業「ベルメゾン」で展開している、汗取りインナー『サラリスト®』シリーズは2011年の発売以来、累計358万枚を販売してきた人気商品です。その中でもより汗を漏らさないことに特化した汗ジミさよならインナー『大汗さん®』シリーズは、汗に大きな悩みを持つお客様の声をもとに改良を重ねてまいりました。






季節を通じてジワっとかいてしまう“汗”ですが、「汗が他の人より大量」と感じている“大汗さん”は約4割、さらに汗の困りごととして「におい(83.2%)」に次いで「汗ジミ(67.5%)」をストレスと感じている人が多くいることが分かりました。薄着の夏には汗が蒸発しにくく、こもる箇所でもある脇や背中は洋服への汗ジミが気になります。

◆大量の汗は「ストレスやプレッシャー」が原因も!?(五味クリニック 院長:五味常明先生より)
汗の専門医・五味常明先生によると、汗には、体温を調整するための「温熱性発汗」の他、ストレスやプレッシャーなどを感じたときの「精神性発汗」が多くあり、気にすればするほど汗が止まらないという現象が起こります。このような状況は汗ジミが出来てないか、汗が臭ってないかなど汗に関する不安の種を取り除くことが必要になると言われています。

汗をかくのは気持ちによる「精神性発汗」がほとんど!
汗をかくメカニズムは3つあります。体温を調整するための「温熱性発汗」、辛いものを食べたときに汗が出る「味覚性発汗」、そして、緊張などを感じたときの「精神性発汗」です。

「精神性発汗」については、発汗する場所は部分的で、手のひら、わき、足の裏、額といった部位ですが、特に脇汗は、蒸発しにくくこもりやすいことから汗染みとなってしまい、目に見えるかたちとなって現れ、「汗をかいてしまうのではないか」「汗がにおってしまうのではないか」という不安を感じることで発汗中枢がより刺激されます。このような「予期不安」が現実化することで、よけい汗を意識してしまい、汗をかくという悪循環に陥るのです。

大汗さんはいい人?
五味クリニックに訪れる患者の約7割はワキガなどによる多汗ではなく、「精神性発汗」による多汗に悩む患者です。汗に悩む人は、「汗をかくことで周りに迷惑をかけてしまうのではないか」と不安に思うことでよけい汗をかいてしまう、他の人に気を遣う性格の良い人なのです。人間関係が発汗に大きく影響するので、夏だけではなく季節を問わずに汗に悩んでいる人は少なくありません。
海外と比べワキガは少ないのに、汗に悩む人が多いのは他人に気遣う国民性も影響しているのかもしれません。

多汗に陥る悪循環を断ち切るには「安心」が重要
多汗に陥る悪循環を断ち切るためには、いったん汗をとめるか、すぐに蒸発させるということが重要です。
汗対策の場合、対処療法が根治療法になります。 「精神性発汗」による多汗をケアするためには、このようなグッズを上手く使用しながら、汗について意識せずに過ごすことが最もよいのです。予期不安をいかに防ぐかという観点で、こうしたグッズはとても役立つので、積極的にインナーやグッズを使いましょう。

◆汗取りインナー『サラリスト®』シリーズ 汗ジミさよならインナー『大汗さん®』とは
・汗を漏らさず、汗ジミをつくらないことに特化した汗を本気で考えたインナー
→脇部分は超特大・超薄型の防水シート入り三層パッドで汗をブロック、防水布で吸収した汗を表地に漏らさない。さらに超大汗さんシリーズは、背中も二重構造に。
・汗のこもる臭いを軽減→さわやか消臭機能(モダール)
・熱をこもらせず、通気性を高めることで夏の暑さを軽減
→ひんやり接触冷感・通気性コントロール (ベントクール)、さらさら吸汗速乾

◆2017年『サラリスト®』シリーズ“超大汗さん”リニューアル
シーズン前より反響の大きい、『サラリスト®』“超大汗さん”シリーズが2017年も汗を漏らさないことを目的としてバージョンアップ!
●背中の汗ジミを出さないように、背中の生地を全面二重構造へ
●パッドがさらに前方へ大きくなってリニューアル

動画ニュースカテゴリの最新記事