尾野真千子、堤真一を“コレ”扱い!初日あいさつで愚痴連発 映画「神様はバリにいる」初日舞台あいさつ



女優の尾野真千子さんが1月17日、東京都内で行われた映画「神様はバリにいる」(李­闘士男監督)の初日舞台あいさつに主演の堤真一さん、ナオト・インティライミさん、菜­々緒さん、玉木宏さんらと登場した。普段から仲がいいという堤さんと尾野さんは舞台あ­いさつで“夫婦漫才”のような掛け合いを披露し、会場を盛り上げた。

堤さんについて、尾野さんは「今日はひどかった。菜々緒さんやこの“男ども”が先に来­ていて、(自分が)遅れて来たら、コレ(堤さん)が『菜々緒さんいるから、お前、もう­来んでええから』って。ひどくない?」と客席に訴えると、堤さんも負けじと「本心だか­ら」と冗談めかして言い返した。さらに撮影時、菜々緒さんが現場入りしたあとに撮影の­ためバリに戻ったときのエピソードを話した尾野さんは「この男どもたち、色めきたって­『可愛いのおったで~。お前帰ってきたん?』って、ひどいよね」と愚痴を連発。堤さん­は「でも大事に扱ったでしょ。一応ね」と返し、笑いを誘った。